二重あごの原因

二重あごがコンプレックスだという人もいます。色々な理由が二重あごには絡んでいます。顔のゆがみやむくみ、たるみ、筋肉の弱体化などが関与しているといいます。二重あごになる理由には、どのようなものがあるものなのでしょう。皮膚がたるむのは、皮膚を支える筋肉の減少などです。

顔には様々な表情筋が張り巡らされています。随意筋と不随意筋の2種類に分かれており、それぞれの機能を担っています。力の入れようがないため強化しづらいのが不随意筋の特徴ですが、随意筋は咀嚼でよく使う筋肉です。食事に際しては、意識して咀嚼するようにすることで、二重あご対策になります。歯や歯を支える歯ぐきが良い状態でないと、ものを噛む時に不都合が生じる場合もあるようです。咀嚼は左右均等に行わないと、顔にゆがみが生まれてしまいます。

虫歯や歯の欠損があると、同じ方ばかりで噛んでしまいがちです。筋肉のつき方が左右非対称になるのは、顔がゆがんでいるからということがあります。その場合、むくみにも影響します。歯や歯ぐきの健康状態が、二重あごであるかどうかに関わっている場合があります。体は太っていないのに二重あごである場合は特に、顔のゆがみが二重あごの原因であることが多いようです。